引越しにかかるお金を借入。マイホームにはお金がかかります。

30代ではありましたが、結婚1年目で家を建てました。夫の貯金額はゼロ。なので頭金は全額私が出しました。

もう清水の舞台から飛び降りるぐらいの覚悟でしたよ。お陰で独身時代にコツコツと貯めた貯金もなくなってしまいました。

さらに引越しにかかるお金だって家計から出す余裕もありませんでしたから、初めて借入しました。

当然住宅ローンも組んだのですが、名義は夫ではなく私。しかし私の収入では借りられる金額が少なかったので、夫の収入分も足して、共同で借りるという形になっています。

「離婚したら面倒なことになりますね」という、住宅メーカーの担当者さんの言葉は気になりましたが、今のところ離婚の危機もなく、ローンも滞ることなく順調に払っています。

結婚1年目ということで、まだ子どももいない状態だったのですが、それでも家を持とうと思ったのは、家賃の高さでした。

私が住むところはかなりの田舎なのですが、他の地方と比べて家賃が高かったんです。 普通田舎と聞けば家賃が安そうなイメージだし、実際そういう所が多いと思います。

なのに何を勘違いしているのか、田舎という謙虚さが全くない家賃額に辟易としていたんです。

そこで、このまま高い家賃を払い続けるよりは、自分たちの家を建ててローンを払った方がマシなんじゃないかという夫婦の結論に至ったわけです。

ただ無謀な買い物ではあるなという自覚は持っていました。 何しろ夫の貯金はゼロなんですから。

それでも決心できたのは、私がそこそこの額を貯金できていたってことなんですけどね。 その点に関しては、夫は今でも私に頭が上がらないと思います。

別にそのことに関して夫に押しつけがましいことを言ったりしたことはないですけど。

家を持つということは、これまでで一番大きな買い物だったし、これから先もこれ以上の大きな買い物はもうないと思いますけど、後悔はしていません。

今は3人の子どもにも恵まれ、家族仲良く暮らせているのですから、必要な支出だったと思っています。

たとえ大金を使うことになっても、それに見合う満足感を得られれば後悔することはないのかもしれませんね

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です